MENU
楽天ROOM

気になる付録はもちろん、中の人の好きなものを集めてます。

rakutenroom_logo

カテゴリー
アーカイブ
フロクスキー
付録大好き書店員
昔から付録が大好きでついつい買ってしまう付録つき雑誌をブログで紹介することにしました。
楽天ブックスの付録ランキング→ click

オンライン書店の特徴を比較しました~お気に入りショップで付録つき雑誌を買おう~

付録つき雑誌を購入するのに便利なのはオンライン書店。

ちまたにはAmazonや楽天ブックスなどいろいろなオンライン書店があります。

書店で現物を見て買う楽しみももちろんありますが、オンラインショップで購入する気軽さはやめられません。

フロクスキー

きれいな本が届きやすいっていうメリットも

今回は、付録付き雑誌やムック本を買うのにおすすめなオンライン書店について、それぞれのメリットやデメリットをまとめてみます。

ぜひ、お買い物の参考になさってください。

目次 ※読みたいところをタップ

おすすめのオンライン書店

オンライン書店とは、WEBで本や雑誌が買えるサービスのことを指します。

本だけでなく、CDやDVD、ゲームソフトやゲーム本体が買えるお店も。

お店に行かなくても、本の簡単な内容や値段、発売日をチェックすることができますし、購入したら自宅や会社、指定場所に届けてくれるのでとても便利。

付録つき雑誌は紙の出版物になりますが、オンライン書店では電子書籍も購入できます。

まずは、代表的なオンライン書店をあげてみます。

オンライン書店を選ぶポイントは

次にオンライン書店で購入する際に、そのお店を選びたくなる点をあげてみます。

  • 送料無料
  • 早く届く
  • ポイントがたまる
  • 店舗で品切れでも買える
  • 特典(おまけ)がつく

では、次にこれらのポイント別におすすめのショップをあげていきます。

送料無料で届けてくれる

家や会社に届く際に送料が無料になるオンライン書店はとてもありがたいです。

1冊からでも送料が無料になるオンライン書店はこちら。

Amazonは通常2,000円以上で送料無料になるんですが、本や雑誌の場合は購入金額に関係なく送料が無料です。

(プライム会員でなくても大丈夫です。)



次に、購入金額によっては送料が無料になるオンライン書店もあります。

それぞれ送料無料になる購入金額が違います。

オンライン書店名送料無料になる購入金額ライン
宝島チャンネル3,500円以上
HMV&BOOKS online3,500円以上
TSUTAYA Online5,000円以上
honto3,000円以上
CD&DVD Neowing1,500円以上
紀伊國屋書店ウェブストア2,500円以上
TOWER RECORDS ONLINE10,000円以上
Honya Club2,000円以上
e-hon2,000円以上

ほかにも、指定場所で受け取るなら送料無料になるなど送料無料になる条件があるオンライン書店もあります。

特にコンビニ受取できると、24時間いつでも好きな時に受け取れるのでとても便利ですね。

オンライン書店名送料無料になる条件
セブンネットショッピングセブンイレブン受取
TOWER RECORDS ONLINEセブンイレブン受取
HMV&BOOKS onlineローソン・ミニストップ受取
honto丸善・ジュンク堂・文教堂受取
TSUTAYA OnlineTSUTAYA受取
紀伊國屋書店ウェブストア紀伊國屋書店受取
Honya ClubHonya Club.com参加書店受取
雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp定期購読なら送料無料
e-honMy書店に指定した書店受取

届くのが早い

ネットでお買い物をした場合、なるべく早く届くとやはりうれしいですね。

オンライン書店は予約品以外の商品については即日発送してくれます。

ただ、気をつけないといけないのは、「複数の商品を注文した場合、個別発送してもらえるか」という点。

会計ごとにまとめて発送する書店の場合、予約品が発売した時点でそれ以外の商品とまとめて発送になってしまいます。

フロクスキー

送料無料にはしたいから何冊かまとめて買いたいけど、届くのが遅れるのは嫌だな

フロクスキー

そういうときは1冊から送料無料のオンライン書店で買いたくなるよね

1冊から送料無料で予約商品についてはお急ぎ便も利用料が無料になるAmazonは最強ですね。(沖縄および離島など一部お急ぎ便の対象外地域があります。)

個別発送と一括発送を選べるオンライン書店もあります。

ポイントがたまる・使える

オンライン書店で購入する際に、ポイントがたまったり使えたりするのはこちらのショップです。

どちらのショップも1ポイント=1円として使うことができます。

スクロールできます
オンライン書店名貯められるポイントポイント名
Amazon商品によって違う(税込で換算)Amazonポイント
楽天ブックス100円(税抜)につき1ポイント楽天ポイント
Yahoo!ショッピング購入したストアによって違うPaypayポイント
セブンネットショッピング200円(税抜)につき1ポイントnanacoネットポイント
TOWER RECORDS ONLINE100円(税抜)につき1ポイントタワーレコードポイント
TSUTAYA Online220円(税込)につき1ポイントTポイント
HMV&BOOKS online200円(税抜)につき1ポイントPontaポイント(紐づけが必要)
CD&DVD Neowing購入金額の1%+金額に応じてボーナスポイントNeowingポイント
ヨドバシドットコム商品によって違うヨドバシドットコムポイント
Honya Club対象商品の税込お買い上げ金額の1%(小数点以下四捨五入)Honya Clubサイトポイント
honto100円(税抜)につき1ポイントhontoポイント

フロクスキ―がおすすめするのは楽天ブックス

楽天ポイントは楽天ブックス以外の楽天市場のお店使えるだけでなく、楽天Payでの支払いにも使えたりと用途が多いのがその理由。

ですが、ソフトバンクユーザーならYahoo!ショッピング、家電をよく買うならヨドバシドットコムと自分との親和性によっておすすめショップは変わります。

また、e-honのように書店で受け取る場合、会計も書店で行えばその書店独自のポイントが受けられます。

楽天リーベイツ経由でポイント2重どりも

楽天リーベイツというサイトでオンライン書店を検索してお買い物すると、書店独自のポイントサービスの他に楽天ポイントもたまります。

楽天リーベイツは楽天市場のIDがあれば利用できます。

利用方法は簡単。


①まず、楽天リーベイツのサイトに行きます。

②そこで買い物をしたいショップの名前を検索します。

③ショップが表示されるので、ストアにすすむをクリック。

④オンライン書店のサイトに移るのでそこで買い物をする。


これだけです。

楽天リーベイツ経由でお買い物できるオンライン書店は、

  • セブンネットショッピング
  • TOWER RECORDS ONLINE(タワーレコードオンライン)
  • HMV&BOOKS online
  • Neowing.
  • 紀伊国屋書店
  • Honyaclub

普段から↑のオンライン書店を利用されている方は経由するだけなのでぜひやってみてください。

\楽天のIDがあれば貯められる/

リーベイツお友達紹介キャンペーン

おまけがつく

そのオンライン書店で購入すると、他のショップではゲットできない特典が付く場合があります。

同じ商品でもショップによって特典が違っていたりするので、ファンの方は全部集めたくなっていろいろなショップで買う場合も。

おまけがつきやすいオンラインショップはこちらです。

ここで注目してほしいのが宝島チャンネル

宝島社の雑誌や本が購入できる「宝島チャンネル」は独自のおまけがつく場合だけでなく、宝島チャンネルでしか購入できない付録(通常号とは違うもの)がつく「宝島チャンネル限定号」が発売されることが多くあります。

また、宝島社の雑誌の場合、

  • セブンイレブン・セブンネットショッピング限定発売
  • ローソン・HMV限定発売
  • ファミリーマート限定発売
  • TSUTAYA限定発売

とうたわれている号も宝島チャンネルでオールコンプリートできるのでとてもおすすめです。

支払方法が豊富

オンライン書店はさまざまな支払方法を取り扱っています。

クレジットカード払いやポイント払い以外にも、hontoやe-honのような書店や本を取り扱う問屋さんが運営しているオンライン書店の場合は、図書カードNEXTを使うこともできます。

店頭で受け取る場合は、店舗で会計をすることもできるので、その場合はその店舗が取り扱っている支払方法を選べます。

店頭で支払う場合、ネットショッピングでは取り扱いがまだまだなPaypayやd払いなどの電子マネー決済ができるのがうれしいですね。

各オンライン書店の特徴

ここからは、各オンライン書店の特徴をそれぞれまとめてみます。

フロクスキーが考える付録つき雑誌や付録つきムック本を購入する際のメリットとデメリットも考えてあげてみます。

Amazon(アマゾン)

一番シンプルでわかりやすいのがAmazonです。

本については購入金額関係なく、送料無料で配送してくれます。

ただ、発送元がamazon.co.jpではない場合は、Amazonのシステムを借りて個人店が販売をしているため、個別に配送料が指定されている場合があります。

購入の際は発送元のチェック、送料のチェックをする必要があります。

メリットデメリット

購入金額に関わらず送料無料
予約品についてはお急ぎ便も送料無料
一括配送か個別配送か選べる
Amazon限定特典が付く場合も

amazon.co.jp以外の発送だと定価以上の場合もあるので見極めが必要

楽天ブックス

Amazonと同じくらいわかりやすいのが楽天ブックス。

購入金額に関わらず送料無料で送ってくれます。

さらに、100円ごとに1ポイント、楽天ポイントがもらえます。

楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルでも使うことができますし、楽天Payの支払いにも使えるのでうれしいですね。

楽天市場のお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどのイベント時も、楽天ブックスで1,000円以上のお買い物すれば1店舗として換算されます。

また、SPUという楽天グループのサービスを使うほど楽天ポイントを効率的に貯められるサービスのポイントアップにもプラスになります。

雑誌名の入力の仕方によって検索がうまくできない場合があるので、正式名称で入力がおすすめです。

メリットデメリット

購入金額に関わらず送料無料
まとめて注文しても入荷日に合わせてそれぞれ発送してくれる
楽天ブックス限定の特典が付く場合も
楽天ポイントがたまる

売り切れやすい
検索がうまくできない時がある

Yahoo!ショッピング

ソフトバンクユーザーならポイントが貯めやすいYahoo!ショッピング。

Yahoo!ショッピングで買い物というより、Yahoo!ショッピング内の「タワーレコード Yahoo!店」や「bookfan 送料無料店」など加盟しているいろいろなお店から選んで買うという感じ。

送料や品ぞろえはお店ごとに違っています。

お店ごとにストア評価や注文キャンセル発生率を見ることができるので、自分で信頼できるお店を選ぶことができます。

楽天市場と同じようにYahoo!ショッピングでもいろいろなイベントが開催されているので、期間中に買い物をするとPaypayポイントを効率的に貯めることができます。

慣れないと買い物しにくいかもしれませんが、5がつく日などPaypayポイントがたまりやすいキャンペーンが多数行われているので、特にPaypayユーザー、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

メリットデメリット

Paypayポイントがたまる
キャンペーンが多い

複数のストアが表示されるため慣れないとわかりにくい
ストアによって送料がちがう

宝島チャンネル

リンネル・otona MUSE・Mono Maxなど宝島社が発行する付録つき雑誌やムック本を購入するなら宝島チャンネルがおすすめ。

付録と言ったら宝島社というくらい、多くの付録つき雑誌やムック本はこの出版社が発行しています。

各コンビニ限定発売の増刊号も宝島チャンネルならまとめて購入することもできます。

バックナンバーを半額セールや福袋形式で販売するなどキャンペーンも豊富です。

Amazonや楽天ブックスで売りきれていても宝島チャンネルなら買える場合も。

メリットデメリット

宝島社の雑誌なら品ぞろえが一番
宝島チャンネル限定号はココでしか買えない
バックナンバーの半額セールなども頻繁に行われる
送料無料キャンペーンも多い

通常は3,500円以上購入しないと送料無料にならない
まとめて注文すると発売日が一番遅いものに合わせてまとめて届く

セブンネットショッピング

コンビニのセブンイレブンで受け取れば送料無料になるのがセブンネットショッピング。

セブンイレブンなら家や職場の近くにあるという方も多いのではないでしょうか?

注文すると、発送日の連絡メールとともに払込票が添付されてくるので、セブンイレブンのレジでそのバーコードを見せればOK。

セブンイレブン・セブンネット限定発売の増刊号も購入できます。

メリットデメリット

セブンイレブン受取なら送料無料
セブンイレブン限定発売の付録つき雑誌が購入できる

自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込550円)
支払方法が現金・クレカ・nanacoのみ

TOWER RECORDS ONLINE(タワーレコードオンライン)

付録つき雑誌やムックだけでなく、CDやDVD好きな人にもおすすめしたいのが、TOWER RECORDS ONLINE(タワーレコードオンライン)

タワーレコードオンラインで注文した商品もセブンイレブンで受け取ることができます。

購入するとタワーレコードポイントが100円につき1ポイントたまります。

また、d払いで支払うとdポイントも貯めることができるので、ドコモユーザーやd払いユーザーにお得。

メリットデメリット

セブンイレブン受取なら送料無料
金・土曜日にd払い支払いでdポイント還元率が大きい(要エントリー)

自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込220円)
セブン受取の場合、支払方法は現金・クレカ・nanaco払いのみ

HMV&BOOKS online

HMV&BOOKS online

ローソンやミニストップで受け取れば購入金額に関わらず送料無料になるのが、HMV&BOOKSオンライン。

Pontaポイントを使うことも貯めることもできるので、Pontaカードを使っている方やauユーザーにもおすすめです。

メリットデメリット

ローソン・ミニストップ受取なら送料無料
ローソン・HMV限定発売の付録つき雑誌が購入できる
Pontaポイントが使える
キャンペーンが多い

自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込220円)

TSTAYA オンラインショッピング

書店大手のTSUTAYAのオンライン書店「TSUTAYAオンラインショッピング」

Tポイントを貯めている方、TSUTAYAがお近くにある方にはおすすめです。

メリットデメリット

Tポイントがたまる
TSUTAYA受取なら送料無料

自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込550円~)

Neowing (ネオ・ウイング)

CD・DVDから書籍、ゲームまでエンタメ系のオンラインショップ「Neowing(ネオ・ウイング)」

CD特典のポスターを折り曲げずに送ってくれるなどファン思いのお店です。

メール便なら1,500円以上で送料無料になりますし、1500円未満でも送料が292円と良心的な価格設定なのもありがたいですね。

メリットデメリット

送料無料になる金額ラインが良心的
品ぞろえがリアルタイムで表示される
Neowingポイントがたまる

メール便以外の発送方法だと送料無料の金額ラインが変わる

honto

大日本印刷が運営しているhontoはジュンク堂や丸善、文教堂、啓林堂書店での受取で送料無料になります。

ジュンク堂や丸善、文教堂、啓林堂書店でも使える・貯められるhontoポイントは税抜き100円につき1ポイントと貯めやすい設定になっています。

hontoで取り扱っている電子書籍をリンクやHTMLを使って紹介するとhontoポイントがもらえる紹介プログラムがあるのがおもしろいですね。

メリットデメリット

hontoポイントがたまる
支払いに図書カードが使える

ジュンク堂や丸善、文教堂受取で送料無料になるが、全都道府県に店舗があるわけではない

Honya Club

本の取次をやっている日本出版販売(日販)が運営しているHonya Club(ホンヤクラブ)は品ぞろえが豊富。

日販を取次店としている書店で受け取れば送料無料になります。

どの書店で受け取れるかはサイト内の店舗一覧で確認することができますよ。

自宅配送の場合は税込2,000円以上の注文で送料が無料になります。

メリットデメリット

書店受取だと送料無料


自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込350円)
どの書店なら受け取れるのか調べないとわからない

e-hon

本の取次店である「トーハン」が運営しているe-hon(イーホン)

こちらもトーハンを取次店としている書店で受け取れば送料無料になります。

お近くの店舗があるかどうかは店舗一覧で確認してください。

自宅配送の場合は税込2,000円以上の注文で送料が無料になります。

メリットデメリット

書店受取だと送料無料


自宅に届けてもらうには送料がかかる(税込350円)
どの書店なら受け取れるのか調べないとわからない
発売日に近いと注文できないことも

紀伊國屋書店ウェブストア

紀伊國屋書店にもオンライン書店があります。

それが紀伊國屋書店ウェブストア。

書店受取にすれば送料無料になりますし、店頭で支払うのでQUOカードや電子マネーが使えるのが便利です。

メリットデメリット

紀伊國屋書店受取だと送料無料


2,000円以上購入で送料無料
各都道府県に店舗が必ずあるわけではない

ヨドバシ・ドット・コム

家電イメージの強い「ヨドバシドットコム」でも付録つき雑誌やムック本を購入することができます。

しかも、購入金額に関わらず送料が無料。

ヨドバシゴールドポイントも貯められますし、商品ジャンルも書籍だけでなく手広いので、実はとても便利でお得なオンラインショップなんです。

デメリットがあるとすれば、雑誌の次号の予約がAmazonに比べたら少し遅いというぐらいでしょうか。

メリットデメリット

購入金額に関わらず送料無料


Amazonより予約できる次月号の表示が少し遅い

雑誌のオンライン書店 Fujisan.co.jp

雑誌のFujisan.co.jpは定期購読を推しているオンライン書店。

定期購読だと、初めから〇号分が割引になったり独自の特典がついたりとてもお得に利用できます。

送料も無料です。

とても便利ですが、必要がなくなった場合キャンセルの連絡をしないとずっと送られてきてしまうのでその点は注意が必要です。

メリットデメリット

定期購読すれば送料無料
割引価格で購入できたり独自の特典がついたりする

キャンセルしないと毎号自動的に届く

フロクスキーのおすすめオンライン書店は

付録つき雑誌やムック本を購入するにあたっておすすめのオンライン書店をご紹介しました。

自分に合ったオンライン書店は見つかりましたか?

フロクスキーがおすすめするオンライン書店は、

  • 送料無料がうれしい「Amazon」
  • 付録つき雑誌が豊富な「宝島チャンネル」

こちらの2つ。

この2つは新商品が早く予約購入できるのも個人的にポイントが高いです。

もちろん、貯めているポイントや受取方法によっておすすめは変わってくるので、自分に合ったオンライン書店を楽しく利用してください。

以上、「いろいろなオンライン書店の特徴~お気に入りショップで付録つき雑誌を買おう~」でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次 ※読みたいところをタップ